あたいは学生時代にバスケットボールに明け暮れていました。

わたくしは学生時代にバスケットボールに明け暮れていました。
わたくしが中学に入学したときの身長は139cmというカリキュラムでは前から2番目の伸長の低さでした。
中学では何か部活を選ばないっていけなかったので、親兄弟や周辺に話しました。
すると、全て異口同音にバレーボールかバスケットボールをやれば伸長が上がるよ!
とすすめられました。小学生時代にそれほど遊んでいた覇者がバスケットボール部にいたのでわたくしはバスケットボール部に入部しました。
わたくしは伸長を伸ばしたい一心で部活に明け暮れました。
但し、3通年たっても伸長はかなり伸びませんでした。
そうして思ったことは、これは伸長が伸びた人が講じる作用です・・・だ!
でも負けず嫌いのわたくしは連日、校庭の木の枝にかけてジャンプを続けました。
高校生身辺最後の遊びの時、まだ私の身長は160cmといった低かったのです。
ただし、パートナーチームの180cmは過ぎ去るかと思われる中頃の人のシュートをブロックすることができました。
遊びには負けましたが、自分の活動が報われたため充実した学生時代だったと思えることができました。
このことは社会人になってもよろしい出来事となりました。恋活アプリ